HOME >> 獣医学 >> 野生動物・エキゾチックアニマル

動物園を魅力的にする方法 - 展示デザイン における12のルール

Making Zoos Attractive: 12 basic rules of exhibit design

表紙見本写真

Schüling Verlag

AuthorWolfgang Salzert
翻 訳冨澤奏子

定価 5,400円 (本体 5,000円+税)

送料 270円

(お支払方法が 代金引換払い以外 の場合)
※代金引換払いの場合、送料が異なります。

・ISBN:978-4-8300-0903-7 (2018年3月 発行)

・頁:136

・判型:B5判・オールカラー

【Amazon Kindle版】:Amazon.co.jpにて販売中です。

 本書は動物園の計画やデザインに関わる人たちのために書かれています。計画やデザインにおいて何が必要か、やってはいけないことは何か、また、改善していくためにはどうすればよいのかを筆者の豊富な経験に基づいて提言しています。従来にない動物園関係者に必携の書であるとともに、分かりやすく記載していますので、本書を読んでから動物園を訪れれば、建物やデザイン、設置物などがさらに楽しめる指南書にもなっています。専門家ではない動物園ファンのみなさんにも手に取っていただきたい1冊です。

略目次

第1章

動物園の魅力の基本

 1.1

社会行動

 1.2

散策(植栽デザインと景観デザイン)

 

来園者循環システム

 

テーマゾーンへのアレンジ

 

園路の本質

 1.3

動物の観察

 

動物の魅力に貢献するものとは?

 

動物飼育経験と専門知識

 

注釈:屋内でだらだらしているのは健康によくない

第2章

魅力的な展示を作るための12のルール

 ルール1

空間的な近さを考慮する

 ルール2

感情的な近さを考慮する ― イマージョンの基本

 ルール3

必ず見えるようにする ― 視覚的障害を取り除く

 ルール4

芸術的な展示場を見せる

 ルール5

自然主義的展示場を見せる

 ルール6

寛大にデザインする

 ルール7

複数の場所から見えるようにする

 ルール8

動物と人間の配置を考慮する

 ルール9

気を散らさないようにする(競合刺激物の排除)

 ルール10

観察場所に人が来るようにする

 ルール11

注意を向けさせる

 ルール12

「情報エンターテイメント」を忘れない (情報、教育法及び楽しみ)

第3章

特定の展示に関する思考

 

ヤマアラシ(ヤマアラシ属)

 

プレーリードッグ

 

ミーアキャット

 

ゼニガタアザラシ

 

霊長類の島

 

キリン、ゾウ、その仲間

 

ペンギン(フンボルトペンギン属)

 

渉禽類(チドリ目)

 

小型渉禽類(トキ、ヘラサギ、サギ)

 

鳥の群との接近

 

セキセイインコやその他のオーストラリア産の鳥

 

インコ-色鮮やかな甘党

 

ハタオリドリのコロニー-永遠に続く工事現場

おわりに