HOME >> 獣医学 >> 小動物臨床

小動物の治療薬 第3版

表紙見本写真

著 者桃井康行
編集協力下川孝子

定価 16,500円 (本体 15,000円+税)

送料 440円

(お支払方法が 代金引換払い以外 の場合)
※代金引換払いの場合、送料が異なります。

・ISBN:978-4-8300-3279-0 (2020年10月 発行)

・頁:448

・判型:B5判、ソフトカバー

第2版発行から8年。その間に使用されなくなった薬を削除し、新たに販売された薬を追加。従来からの薬も新しい情報を盛り込んでいます。小動物分野のベストセラー、処方書の決定版、待望の改訂版です。
 伴侶動物の診療を行う獣医師たちは、診療中、時間的な切迫を受けながら、薬物療法を行う。丹念に文献を検索し、効果、用量、副作用などの情報を取得していく必要があるが、多忙な診療現場では無理だろう。『小動物の治療薬』は、そのような臨床獣医師が目的とする情報にすばやくたどり着けるようにすることを目的としている。-著者序文より

略目次

1.

感染症

2.

ワクチン

3.

循環器

4.

神経・麻酔

5.

鎮痛・消炎

6.

消化器

7.

内部寄生虫・犬糸状虫

8.

肝臓・膵臓

9.

解毒

10.

内分泌・ホルモン

11.

呼吸器

12.

泌尿器

13.

血液・凝固・免疫

14.

抗癌剤

15.

ビタミン

16.

輸液

17.

皮膚

18.

皮膚その他の外用薬

19.

外部寄生虫

20.

消毒・シャンプー

21.

鼻・眼科(外用薬)

22.

造影剤