HOME >> 獣医学 >> 獣医学全般

動物衛生学

表紙見本写真

獣医衛生学教育研修協議会
編 集髙井伸二 / 末吉益雄 / 永幡 肇

定価 10,584円 (本体 9,800円+税)

送料 630円

(ゆうメールで発送の場合)
※ゆうメールは代金引換払い不可

・ISBN:978-4-8300-3269-1 (2018年4月 発行)

・頁:448

・判型:B5判

獣医学教育モデル・コア・カリキュラムに準拠した動物衛生学の最新の教科書です。モデル・コア・カリキュラムの必須項目とアドバンスを色分けし、学習しやすいように工夫されています。また、国家試験対策にも最適です。
時代に則した実践的な内容となっており、家畜衛生の現場でも活用できる1冊となっています。カラー口絵には「衛生動物としてのダニ・昆虫」、「動物に中毒を起こす植物」、「乳房炎原因菌の目視同定」のほか、文献に乏しいミツバチの衛生に関する写真も多数収載されています。巻末には、学習の助けとなる演習問題を多数掲載しています。

略目次

第1章

動物衛生学とは

 1.

獣医療・獣医学における動物衛生学とは

 2.

家畜衛生の歴史

 3.

畜産の動向

 4.

家畜の病傷事故と死廃事故

第2章

日本の家畜防疫の仕組み

 1.

動物衛生行政体制

 2.

家畜伝染性疾病制御の原理

 3.

特定家畜伝染病防疫指針

 4.

疾病予防・疾病制御プログラムを基本とした危機管理計画

 5.

飼養衛生管理基準

第3章

家畜伝染病の発生動向と国際防疫

 1.

家畜伝染性疾病の国内発生動向

 2.

国内で発生のある感染症

 3.

家畜伝染病の国際防疫

第4章

疾病制御と予防衛生

 1.

消毒剤と消毒の注意点

 2.

抗菌性物質と耐性菌の出現防止

 3.

免疫とワクチン

 4.

ワクチネーションプログラム

第5章

疫 学

 1.

動物衛生に必要な疫学概論

 2.

疾病の発生を定量するための指標

 3.

疫学の方法論と手法

 4.

サーベイランスとモニタリング

 5.

スクリーニング

 6.

標本抽出

 7.

感染症の発生パターン

第6章

環境衛生

 1.

環境と動物生産

 2.

暑熱による障害とその対策

 3.

寒冷による障害とその対策

 4.

輸送病とその対策

 5.

動物の福祉

 6.

衛生動物とその対策

第7章

飼養管理衛生

 1.

総 論

 2.

飼養衛生

 3.

ポジティブリスト制度と飼料安全法

 4.

農場HACCP

第8章

動物の中毒

 1.

家畜の中毒

 2.

伴侶動物の中毒

第9章

家畜排せつ物の管理

 1.

家畜排せつ物と処理

 2.

悪臭規制と悪臭処理

第10章

生産動物の管理衛生

 1.

乳牛の管理衛生

 2.

肉牛の管理衛生

 3.

放牧牛の管理衛生

 4.

豚の管理衛生

 5.

鶏の管理衛生

 6.

特用家畜の衛生管理

第11章

伴侶動物,展示動物および野生動物の管理衛生

 1.

伴侶動物の衛生

 2.

伴侶動物の伝染性疾病制御

 3.

動物園動物の管理衛生

 4.

野生動物の衛生

コラム

 

 

One World One Healthの概念

 

牛疫の撲滅

 

牛白血病

 

牛のサルモネラ症

 

牛のヨーネ病

 

豚流行性下痢(PED)の世界的な流行

 

リスク評価と鳥インフルエンザ

 

越境性感染症の疫学的解析事例-口蹄疫のリスク分析を例に-

 

伴侶動物医療と疫学

 

放射線と動物の衛生

 

家畜生産から発生する温室効果ガス

 

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律

 

海綿状脳症と飼料安全法

 

馬の飼養衛生