HOME >> 獣医学 >> 獣医学全般

コアカリ 獣医微生物学

獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠

表紙見本写真

公益社団法人 日本獣医学会 微生物学分科会
編集者代表福士秀人
編集(五十音順,敬称略)芳賀 猛 / 福士秀人 / 前田 健 / 村瀬敏之
執筆(五十音順,敬称略)石黒直隆 / 石原加奈子 / 猪島康雄 / 小川晴子 /
片岡 康 / 加納 塁 / 川本恵子 / 菊池直哉 /
後藤義孝 / 迫田義博 / 佐藤久聡 / 下島昌幸 /
白井淳資 / 関崎 勉 / 泉對 博 / 髙瀬公三 /
田口文広 / 田島朋子 / 田原口智士 / 田村 豊 /
乗峰潤三 / 福士秀人 / 堀内基広 / 堀本泰介 /
前田 健 / 三澤尚明 / 水谷哲也 / 宮沢孝幸 /
村上賢二 / 村瀬敏之 / 山口剛士 / 山﨑伸二 /
度会雅久

定価 4,104円 (本体 3,800円+税)

送料 420円

(ゆうメールで発送の場合)
※ゆうメールは代金引換払い不可

・ISBN:978-4-8300-3257-8 (2015年4月 発行)

・頁:263

・判型:B5判

獣医学教育モデル・コア・カリキュラムに準拠したテキスト。獣医微生物学の必要不可欠な情報がコンパクトにまとめられています。
電子書籍版(PDF版):『VarsityWave eBooks』専門書学習書コーナーにて販売中です。

略目次

第1章

微生物学の歴史

 1-1

細菌の発見

 1-2

ウイルスの発見

 1-3

消毒,化学療法および免疫療法の進展

 1-4

微生物と遺伝子操作

第2章

細菌の分類と微細構造

 2-1

細菌の分類

 2-2

細菌の形態

第3章

細菌の増殖と代謝

 3-1

細菌の増殖

 3-2

物質の獲得機構

 3-3

細菌の代謝

第4章

細菌の遺伝学

 4-1

細菌ゲノムの構造,染色体とプラスミド

 4-2

バクテリオファージ

 4-3

細菌における遺伝子の伝達と細菌遺伝子の変異

 4-4

遺伝子の基本構成と発現調節

第5章

細菌の感染と発症

 5-1

細菌の病原性

 5-2

生体側の感染防御因子

第6章

抗菌薬と耐性

 6-1

抗菌薬の種類と特徴

 6-2

耐性のメカニズム

第7章

細菌学各論

第8章

ウイルスの一般性状と分類

 8-1

ウイルスの定義

 8-2

ウイルスの大きさと形体

 8-3

ウイルスの分類法

第9章

細胞レベルでのウイルスの増殖過程と変異

 9-1

ウイルスの増殖過程

 9-2

感染様式

 9-3

ウイルス感染に伴う細胞の変化

 9-4

細胞における重複感染

 9-5

ウイルスの変異

 9-6

ウイルスによる発がん機構

第10章

ウイルスの培養法と検出法

 10-1

ウイルス増殖を検討するための培養細胞

 10-2

発育鶏卵および実験動物への接種法

 10-3

ウイルスの定量法

第11章

個体レベルでのウイルス感染と発症

 11-1

ウイルスの伝播様式と侵入経路

 11-2

ウイルスが感染した宿主の発症機序

 11-3

ウイルスの寄生状態

第12章

ウイルス学各論とプリオン

第13章

真菌学

第14章

微生物の滅菌と消毒

 14-1

滅菌

 14-2

消毒

第15章

微生物学的検査と安全

 15-1

感染症診断

 15-2

細菌感染症の検査法

 15-3

ウイルス感染症の検査法

 15-4

バイオセーフティーとバイオセキュリティー

16章

細菌感染症の治療法

 16-1

化学療法

 16-2

菌交代症と副作用

第17章

ウイルス感染症の治療法

第18章

ワクチン

 18-1

ワクチン

 18-2

動物用ワクチン

 18-3

組換え型ワクチン

第19章

予防接種

 19-1

予防接種方法

 19-2

予防接種に伴う副反応

 19-3

受身免疫と母子免疫