HOME >> 獣医学 >> 獣医学全般

動物病理学総論 第3版

獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠『病理学』(1)~(10)

表紙見本写真

日本獣医病理学専門家協会

定価 8,640円 (本体 8,000円+税)

送料 520円

(ゆうメールで発送の場合)
※ゆうメールは代金引換払い不可

・ISBN:978-4-8300-3245-5 (2013年4月 発行)

・頁:320

・判型:B5判

『動物病理学総論 第2版』(2001年刊)を全面改訂。関連諸科学領域の情報を積極的に取り入れ、さらにコアカリに準拠するよう編集した動物病理学のテキスト。進歩しつつある学問分野の理解に必携の書です。
電子書籍版(PDF版):『VarsityWave eBooks』専門書学習書コーナーにて販売中です。

略目次

第1章

病理学の歴史と概念(病理学の歴史的変遷/健康と病気/病因/病理学の概念)

第2章

細胞の基本構造と機能および細胞傷害のメカニズム(正常細胞の構造と機能/細胞傷害のメカニズム)

第3章

細胞および組織の傷害と死(細胞傷害の形態的変化/アミノ酸・蛋白質代謝異常/糖質代謝異常/脂質代謝異常/尿酸代謝異常(痛風)/色素代謝障害(色素代謝異常)/無機質代謝異常/細胞死/組織の死(壊死)/老化/封入体形成/死後変化)

第4章

細胞の適応と分化異常(萎縮/肥大と増生(過形成)/化生/異形成)

第5章

細胞の増殖と分化およびその異常(細胞増殖のメカニズム/幹細胞/細胞外マトリックス/再生/創傷治癒/線維化、瘢痕形成)

第6章

循環障害(血液循環障害/水腫/ショック)

第7章

炎症(炎症の概念/炎症における組織変化/炎症性細胞/炎症のメディエーター/急性炎症と慢性炎症/炎症の命名法と形態学的分類/炎症の全身的影響)

第8章

免疫病理(免疫系と免疫応答/サイトカインネットワーク/アレルギー(過敏症)/移植免疫とMHC/自己免疫病/免疫不全症候群)

第9章

腫瘍(腫瘍の定義/分類と命名/腫瘍学で用いられる特殊な用語/肉眼的にみた腫瘍の形と性状/組織学的にみた良性腫瘍と悪性腫瘍/転移/腫瘍の宿主への影響/腫瘍免疫/腫瘍の原因/腫瘍の種類)

第10章

染色体、遺伝子および発生の異常(原因/奇形の発生様式/奇形の分類)

第11章

環境性疾患-毒性病理学の基礎-(毒性病理学の概念と研究手法/原因別特徴)

第12章

感染病理(感染症の分類/宿主寄生体関係/病原体の傷害惹起機序と宿主の防御機構/感染に対する宿主反応/感染症の病理学的診断法)

第13章

病理学的研究法(組織学的研究法/免疫染色/超微形態学的研究法/分子病理学的研究法/蛋白質研究手法)