JVMNEWSロゴ

HOME >> JVM NEWS 一覧 >> 個別記事

■肥満犬の抗酸化機能と肝機能が改善にアスタキサンチンの継続摂取 アスタリール株式会社

2019-04-25 11:08 | 前の記事 | 次の記事

 アスタリール株式会社は、2019年4月24日、天然アスタキサンチンサプリメントの継続摂取での脂質代謝の改善により、抗酸化機能が向上し、肝機能が改善することが明らかなったとプレスリリースを行った。同社は、天然アスタキサンチン製品を供給しており、日本獣医生命科学大学の村井 妙先生らと共同で、肥満犬のアスタキサンチン摂取による脂質代謝の変化に関する研究を行い、研究結果を公表した。この結果は、Veterinary Medicine: Research and Reports 第10巻(2019年2月公開) に掲載されている。(https://doi.org/10.2147/VMRR.S186202)

 研究の概要は以下のとおり。

  1. 若くて健康なビーグル犬10頭を2つのグループに分け、一方のグループは通常の食事のみ、もう一方はアスタキサンチンサプリメントを食事に混ぜて与えた。6週間後、アスタキサンチンサプリメントを与えたグループにのみ、血中の中性脂肪値および肝機能が改善し、脂質過酸化の抑制が見られた。
  2. 犬種も年齢も様々な肥満犬5頭に対し、アスタキサンチンサプリメントを8週間食事に混ぜて与えた。その結果、5頭全てで血中の中性脂肪値が、5頭中4頭で肝機能が改善していた。その改善は健康な犬に比べてより顕著であった。

 村井 妙先生は「生きていくうえで日々さらされる活性酸素や過酸化脂質による細胞障害から細胞を守ることは、アンチエイジングの要です。アスタキサンチンなどの抗酸化物質の積極的な利用は、肥満防止および生活習慣病のリスク軽減となり、老化に伴い増加する慢性疾患の発生予防につながると考えられます。日常生活の見直しと合わせて、サプリメントなどで普段の食事にアスタキサンチンをプラスすることは、愛犬の肥満対策や予防に有効だと思います」とコメントしている。

http://astareal.co.jp/