JVMNEWSロゴ

HOME >> JVM NEWS 一覧 >> 個別記事

■犬用アゾール系抗真菌剤「イトラベット錠25mg」 DSファーマアニマルヘルス株式会社

2019-03-22 16:25 | 前の記事 | 次の記事

イトラベット錠25mg

 DSファーマアニマルヘルス株式会社は、2019年3月19日に犬用アゾール系抗真菌剤「イトラベット錠25mg」を新発売した。

 同製品はイトラコナゾールを有効成分とする犬のマラセチア皮膚炎の治療剤で、動物用医薬品として日本で初めて承認された経口抗真菌剤。また小型犬に投薬しやすいように、低含量化(25mg錠)および小型化(直径6mm)を実現している。

 イトラコナゾールはアゾール系抗真菌剤の一種で、真菌のチトクロームP450に作用して、ラノステロールからエルゴステロールへの生合成を阻害する。その結果、真菌はエルゴステロールの欠乏および細胞膜の劣化等により細胞死に至る。

  • 成分・分量:1錠中イトラコナゾールとして25mg
  • 剤型:錠剤(直径6mm)
  • 効能・効果:有効菌種はマラセチア・パチデルマチスで、適応症は犬のマラセチア皮膚炎
  • 用法・用量:体重1kg当たりイトラコナゾールとして5mgを基準量とし、1日1回、食直後に14~21日間経口投与
  • 包装:60錠(10錠×6)
  • https://animal.ds-pharma.co.jp/