JVMNEWSロゴ

HOME >> JVM NEWS 一覧 >> 個別記事

■ニホンミツバチのフルゲノムを解読

2019-02-27 16:03 | 前の記事 | 次の記事

ニホンミツバチ(写真提供:農研機構)

 農研機構、東京農業大学および京都産業大学の研究グループは、2019年2月27日、ニホンミツバチ(Apis cerana japonica)のフルゲノムを解読したと記者発表した。

 セイヨウミツバチ(Apis mellifera)は、家畜として長年にわたり改良が進められ、高い貯蜜能力などの優れた性質を持っているが、近年は病気や寄生虫(ダニ)、農薬などによる蜂群の弱体化が問題となっている。日本在来の野生種であるニホンミツバチは、セイヨウミツバチに比べ、病気や寄生虫に強い。

 今回解読されたニホンミツバチのゲノムと、すでに解読されているセイヨウミツバチのゲノムとを比較することで、両種の病気に対する強さなどを遺伝子レベルで解析できるようになった。

 研究成果は、European Journal of Entomology(ヨーロッパ昆虫学会誌)に 掲載された(2018年11月14日)。

Yokoi,K., Uchiyama,H., Wakamiya,T.,Yoshiyama,M.,Takahashi, J., Nomura, T., Furukawa,T., Yajima,S., & Kimura, K.(2018)The draft genome sequence of Japanese honey bee, Apis cerana japonica(Hymenoptera: Apidae) European Journal of Entomology 115: 650-657.

 ニホンミツバチはセイヨウミツバチの近縁種のトウヨウミツバチ(Apis cerana)の亜種で、青森から鹿児島(奄美群島)まで野生種として分布している。明治以前の養蜂はニホンミツバチによるもので、現在でも一部の地域で飼養されている。ニホンミツバチを含めトウヨウミツバチは、アメリカ腐蛆病 やヘギイタダニに強い。また、天敵であるオオスズメバチを集団で取り囲んで熱死させる方法も備えている。以前から、その特徴を利用してセイヨウミツバチを改良するというアイデアはあったが、両種間に雑種はできず、交配育種ではニホンミツバチの有用形質をセイヨウミツバチに導入できない。

 すでに解読されているセイヨウミツバチ(2006年、世界コンソーシアム)、トウヨウミツバチ(2015年韓国、2018年中国)のゲノムと比較することでニホンミツバチの特徴の遺伝的背景を明らかにし、それをセイヨウミツバチの改良に役立てるという考え。今後はまず、ミツバチの免疫に関わる遺伝子群について両種の比較解析を進める予定。

 研究グループ以下の先生方で、研究推進責任者は農研機構畜産研究部門長の塩谷 繁先生。

  • 農研機構 畜産研究部門家畜育種繁殖研究領域 主席研究員 木村 澄先生
  • 農研機構 生物機能利用研究部門遺伝子利用基盤研究領域 AI研究推進室研究員 横井 翔先生
  • 東京農業大学生命科学部 教授 矢嶋俊介先生
  • 京都産業大学総合生命科学部 准教授 高橋純一先生