JVMNEWSロゴ

HOME >> JVM NEWS 一覧 >> 個別記事

■ドイツ・オランダ動物保護施設視察報告 東京都獣医師会②

2019-02-15 11:18 | 前の記事 | 次の記事

講演中の平井潤子先生

平井潤子先生の講演の最初のスライド

 報告会の発表者とテーマは以下の通り(敬称略)

  • 「視察ツアーの概要説明」平井潤子(公益社団法人東京都獣医師会事務局)
  • 「ドイツから学ぶ共生社会と東京都の今後の展開について」栗林のり子(東京都議員)
  • 「ドイツでのペット葬儀・埋葬事情」齊野勝夫(城南ペット霊園)
  • 「ドイツにおけるペット保険事情」兵藤未來(アニコムホールディングス株式会社)
  • 「動物保護施設における建築的アプローチ」金巻とも子(かねまき・こくぼ空間工房)
  • 「Zoo Zajac(ツォー・ツァヤック)」坂口清志(シャペル株式会社)
  • 「国民の動物に対する意識」山川伊津子(ヤマザキ動物看護大学)
  • 「ドイツ・オランダ動物保護施設ツアー報告会」戸上由香梨(ハノーファー獣医科大学)
  • 「ドイツ全土に、なぜ1,400以上のティアハイムが存在するのか?」藤井立哉(ペットフード・テクノリサーチ)

 また講演中に藤井立哉先生は、環境省の2017年のヨーロッパ視察の報告が以下のWebサイトに掲載されていることにふれた。
http://www.env.go.jp/council/14animal/ref49_3.pdf
http://www.env.go.jp/council/14animal/ref49_4.pdf