JVMNEWSロゴ

HOME >> JVM NEWS 一覧 >> 個別記事

■獣医師法22条に基づく届出 期限が迫る

2019-01-29 17:41 | 前の記事 | 次の記事

 「獣医師法第22条」に基づき、国は獣医師の分布、就業状況、異動状況等を把握しなければならないが、そのため獣医師には2年ごとに届出が義務付けられている。

 2018年は調査の年で、全ての獣医師は2018年12月31日の状況を都道府県に届ける必要がある。

 調査期間は2019年1月1日~1月31日で締切が迫っている。

 期日までに届出をしなかった場合は、免許の取消しや業務停止を命じられることもあるとされている。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/zyui/22.html