JVMNEWSロゴ

HOME >> JVM NEWS 一覧 >> 個別記事

■「AI Dr. ホームズ うちの子健康相談アプリ」を運用開始 共立製薬株式会社

2019-01-23 17:58 | 前の記事 | 次の記事

アプリのイメージ図

 共立製薬株式会社は、2017年9月に試験運用を開始していた「AI Dr.ホームズの健康相談室」を本格稼働に向けて大幅にリニューアルし、2019年1月末より「AI Dr. ホームズ うちの子健康相談アプリ」として運用開始すると1月23日に発表した。

 「AI Dr.ホームズ うちの子健康相談アプリ」は、石田卓夫先生(一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)会長)監修の元で学習した人工知能(AI)によって、飼い主に情報を提供する。

 「AI Dr.ホームズ うちの子健康相談アプリ」は、自然言語の分類と対話技術に優れた日本アイ・ビー・エム株式会社のコグニティブ・テクノロジーの活用により、主訴を理解し、ペットの属性などから疑われる状態を導くとのこと。さらに、飼い主と人工知能の会話を通して緊急度を判断するほか、受診予備チェックを行い、結果を自動でまとめる。飼い主は受診予備チェック表をスマートフォン画面で、あるいは印刷して見せることで獣医師との会話を容易にする。このように、ペットの健康相談に加え、かかりつけの動物病院で健康診断を行うことの大切さを飼い主に伝える。

 今回のアプリ化により「AI Dr. ホームズ うちの子健康相談アプリ」へのアクセスが容易となり、また無料で利用できる。